日常の洗濯ものから、文章の修正でパソコン

7月の最終日は日曜日、お休みは不定期ですが休日でした。

日常的に手がすけばパソコンを起動して文章を書き込むサイトへ、漸く夏気温となったこの日曜の朝は洗濯ものから。

量からすれば普段着は少量、寝具のシーツも洗うことになったので水量としては標準、夏の気温でしたから乾くのも室内でスピーディーでした。

室内に洗濯物ですが衣類はほんの少し、34℃という外の気温は室内の空気も暖めるので、お洗濯ものの湿度がよい空気調整になった。

一通り干してからパソコン、簡単とはいえこの月末は通常よりコンディションが低い、数百文字を投稿するも数点は書き直しとそのまま。

それもよく考えてみれば、単発の案件で件数を多く消化するのがベストなので、日常的なブログの感じでさらっと書き込むスタイルが多いのが原因。

説明文なら中身を吟味しながら数回読みますが、ブログは日常的でもあるので大まかになることも。
じっくり言葉を考えながらを念頭に5件ほど修正、日本語とは奥ゆかしいものだとより思えます。c-hrの値引きは価格はこちら